« 夙川の春 | トップページ | ぶらり思い出めぐり »

2011年7月16日 (土)

さよならハンガー

ぶりぶりお久しぶり。

久々すぎてログインのパスワードを忘れかけておりましたが、なんとかここにたどり着きました。ふー。

久々のびさびさで、錆びた話で申し訳ないのでやんすが、それはそれはちっちぇー小話を。

私が大学入学と共に、雨の日も風の日も共に歩んできたコレ。P1100093_2 どこの家庭にもある物干しハンガー。

かれこれ10年来の付き合い。ついに別れの時がきました。

こうして振り返ってみると、一人暮らしを始めた大学入学当初から付き合ってきた、数々の家電や家具たちは、いつの間にやらあちらこちらへと巣立っていきました。

大学時代のワンルームに置いていたでっかいでっかいメタルラックは、就職先での一人暮らし部屋のあまりの狭さに邪魔になり大学卒業と同時に、マンションの自転車置き場で雨ざらしになった末、見ず知らずの友人の先輩とやらに受け渡されたり。

大学4年間で超超超汚くなったお気に入りのオレンジ色のじゅうたんも、大学卒業と同時にどこへやったかも記憶にない。

大して乗りこなせなかった自転車も、大学時代の友達の誰かのマンションのチャリ置き場に置き去りにし、行く末を知ることもありません。大きな字で名前と蟹のイラストを書き込んでありました。

大学4年間雨ざらしだった洗濯機は、一人暮らし6年目にして、スケルトン蓋付きの洗濯機で脱水の様子が見たいという、ただの興味本位で選手交代。洛西口氏の友人に受け渡されました。

そして、就職先での一人暮らしに連れて行ったパイプベットも、洛西口氏とルームシェアを始める際についに邪魔物となり、リサイクルショップ送りにしようとしたものの、クリーニング代が高くつくと言われ、渋々大阪市の粗大ごみに。夜な夜な外で解体ショーを開きました。

一人暮らし時代から使っていたテレビデオも、洛西口氏との共同生活により不要になり、義妹の友人に引きとられて行きました。

何度も何度も水を入れずに炊いてしまった炊飯器は、洛西口氏と住み始めて程なくして、米を炊いてる途中で息絶えました。享年7歳でした。

そして、この度ついに、家電でもなく金属でもないのに長年私のパンツと靴下を干してくれた物干しハンガーとも別れの時が訪れました。

だいぶ以前から、付属の洗濯バサミが錆びてパキパキと折れてしまう度に、バラの洗濯バサミと交換し、何度も何度も修復を繰り返しながら命をつないできた物干しハンガー。

今ではもう、もともと付いていた洗濯挟みは一つも残っていません。

それでも枠や軸はしっかりしていたので、なんとかここまで老体にムチを打ち、使いこんできましたが、ついに息絶えるときがやってきてしまいました。P1100095 竿にとりつける取っ手部分がポッキリ折れました。

一応、残った半分でも竿に引っ掛けることはできますが、そよ風が吹こうもんなら吹き飛ばされてしまうので、室内で使うにしてもサーカスの綱渡り状態。

最後に息の根を止めたのは、洛西口容疑者でした。せめて自分の手でその一生を終わらせてあげたかった。

物干しハンガーとは丸10年の付き合いでした。

私の一人暮らし開始と共に、多くの家具や家電と入隊してきたハンガー。同期の家電や大型家具達が次々と卒業していく中、プラスチックと針金だけでよくぞここまで生きながらえてくれた。

物干しハンガー、享年10歳で永眠です。

そして我が家でそろそろ寿命を迎え、卒業の時を待っている物。地デジまであと8日、洛西口氏が一人暮らしから持ってきたブラウン管テレビ。

しかし、そのテレビも地デジまで1ヶ月を目前に、いきなりモノクロになってしまうという原因不明の不治の病に侵され、昭和のテレビのようにドンドンバンバンたたきながら、心臓マッサージを施し何とかその命をつないでいますが、地デジを待たずして老衰の時を迎えそうです。

余命8日。

次なる断捨離の標的は、洛西口氏のボーリングの玉。夜中に表の道を転がして捨ててやりたいと思います。

ちなみに、Eろこ先輩が大学卒業時に譲ってくれた、おじゃる丸のシールが貼られた本棚はいまだピンピン現役です。

こうして長く私たちの生活を支えてきてくれた家具や家電。

これからも京都銀行より長ーーーーーーーーーいお付き合いをしていきたいと思います。

御覧の通り、きゃなりきゃなり気まぐれ更新のおたみ日和ですが、末永ーーーーーーーーーいお付き合いを、どうぞ宜しくお願い申し上げます!

|

« 夙川の春 | トップページ | ぶらり思い出めぐり »

コメント

おじゃるまるのシール!
…うん、おぼえていない。
てか、学生時代なんでおたみちゃんの部屋に
行った事がないのだろう…
…うん、残念!

なんかね、私にとっちゃー今でも
おたみちゃんは高嶺の花って存在。
そういう人っているのよ…うん。

薄汚れたいなかっぺが近づけない
オーラ的な 何かがあるよね★
ものを大事にすることは素晴らしい事だよね!
薄汚れの私も大賛成さ!

投稿: Eろこ | 2011年8月29日 (月) 00時03分

to Eろこ 様

こんにちはー!

おじゃるまるシールの本棚、ほんと重宝してます^^

大学時代の私の部屋は、ほんとねずみ男の家みたいにゴミ屋敷でしたので、お招きできませんですみませんでした(汗)

高根の花なんでそんなそんな、とんでもないです。下衆な下衆な平民です。

そして私も満を持しての超田舎っぺです。
http://kenichirou.cocolog-nifty.com/blog/

↑こんなところで生まれ育ちました♪

投稿: おたみ | 2011年8月30日 (火) 17時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夙川の春 | トップページ | ぶらり思い出めぐり »