« さよならハンガー | トップページ | 耳栓 »

2011年7月18日 (月)

ぶらり思い出めぐり

梅雨明けの三連休、単身一泊で、大学時代を過ごした第二の故郷、F県へ。

色濃く過ごした思い出の土地を一人、懐かしいねー懐かしいねー、こりゃ懐かしいねーと言いながら、のらりくらりと遊び歩いた。

F駅到着後、駅前のホテルでチェックインを済ませ、まず初めにぶらり立ち寄ったのは、Dsc06370 大学時代、足しげく通ったアジアン雑貨のお店、チェッカ。6畳一間ほどの小さな小さな雑貨屋さん。

近年、不況と自動車社会の振興により客足が遠のき、空き店舗が増え、閑散としているF県の中心街、F駅前。

F駅前の厳しい経済状況で辺りはシャッター街になる中、昨年開店10周年を迎えたチェッカ。10年間女性店主の嶋ちゃん一人で営む小さな雑貨屋さんは、いつでも「ただいま。」と家にでも帰って来たような安らぎの空間の中に、嶋ちゃんの温かい人柄と元気がでるような楽しい雑貨で溢れている。

心が疲れているとき、嬉しいことがあったとき、嶋ちゃんに会いたくて本当によく来ていたチェッカにも、訪れたのは6年ぶり。覚えていてくれるのか不安いっぱいで店に入ると、「あんたひって久しぶりやの!」と、一目でわかってくれた。心の郷に帰って来た懐かしい気持ちであふれた。

思わず「ただいま!」と言い、約10周年記念を祝してお花をプレゼントした。すると、「コレ、昨年10周年記念で作ったんよ。持っていきね。」と、P1100101 傘をもらった。

に、荷物になるんだけどね。あ、ありがとう…。てこの後、梅雨明けのガンガン照りの中、どこへ行くにもこの赤いビニール傘を持ち歩いた。

ま、当然行く先々で「何で傘もってんの?」と聞かれるワケで。「仲よかったお店の10周年記念で…うんぬんかんぬん」という説明を何度したことか。

どんな時も、大きな心でふんわり受け止めてくれる嶋ちゃん。これからも変わらず元気で駅前のオアシスとして20年後も30年後も、どうか繁盛しますように。

そして次に向かったのは、大学時代のアルバイト先。Dsc06376_r Dsc06378_r 4seasons。

こんなエスニックがちゃがちゃ好きの私が、性に合わず働いていたシックで落ち着いた様服屋さん。

今回の旅の目的はココ。大学時代にお世話になった店長のリーちゃんが、この度アラフォー真っ只中にして、「オラ東京さいくだー」と、ようやく嫁に行くというのでそのお祝いにかけつけた。

このお店でアルバイトを始めたのもこれこれ10年前。私は10代、リーちゃんはすでに30代。店で働く店員さんは、私も含め次々と結婚し、まるで行司に「残ったー!残ったー!残った残った残ったー!」と言われるように横綱級に残って来たリーちゃんがようやく結婚。

そんなリーちゃんが、独身最後の仕事として仕入れた洋服達を久々にお買いもの。P1100106 セールに調子こいて大量購入。いさぎよくクレジット切りました。ま、このクレジットの明細も未だ実家に届くワケで…夏休みは耳栓をして里帰りをします。はい。

こうして閉店間際まであれでもないこれでもないと迷いに迷ってお買い物をし、閉店後はリーちゃんとリーちゃんの旦那様も駆けつけて下さり、久々にお店の方たちと食事へ。

10年経っても相変わらず皆、口だけは達者。

向こうの席で最後の晩餐のようにがやがや宴会をしているおばちゃん集団を見て「あのおばちゃん集団、ひってうるさいのぉ。」と言いつつ、20年後の自分たちの姿とは気付かず、こっちもこっちで昔の思い出話に花が咲き過ぎて、最後の晩餐状態。

リーちゃんとユーさん、そして私。思い返してみれば、ケンカもしたり、励まし合ったり、働くことも遊ぶことも精いっぱいだったあの時。

スガキヤのスーちゃんTシャツを店のユニフォームにしようと、皆でスガキヤのラーメンを毎日食べてポイントを集めたら、リーちゃんだけメンズサイズをもらってきたり。

ある時は、スガキヤのポイントでゲットしたミニ冷蔵庫を店に取り付けたのに、ドアが壊れて開かなくなって中身が入ったまま捨てるという痛いめにあったのに、懲りずもう一度冷蔵庫を買ったり。

またある時は、入荷してきたニットを店員3人で買占め、店に置いてもないニットを全員で着て店に立ったり。

そしてまたある時は、競輪選手と合コンして賞金でおごってもらったこともあった。

そして、リーちゃんの結婚祝いを渡すと、「おたみには昔から本当に変なもんばっかり貰って来たからなー。」と言われ、そういえば…

リーちゃんの誕生日にはケーキに大きな大きな字で年齢を書いてプレゼントしたり、風水で幸運を招くという獅子舞みたいなありがた迷惑な置き物をプレゼントしたこともあった。

こうして振り返ってみると、今でも色あせない思い出がたくさん。楽しいことも悔しいことも、本当にたくさんの思いを分かち合ってきた。

大学生活のほんの一部だったアルバイトが、自分が生きてきた中でこんなに大きな宝物になっていくとは思いもしなかった。

センス、スタイル、女性としてのしなやかな品のある身振り、いつでもポジティブに明るい性格、結婚以外は本当に憧れの存在だったリーちゃんもいよいよ人妻。

お店を離れ、東京に行ってしまうのはとても寂しいけれど、待ちに待ったリーちゃんの幸せだから、本当に自分のことのように嬉しさがこみ上げる。

どうか、末永くお幸せに。どうか、出戻ってきませんように。

祈るばかりです。

こうして、大学時代にお世話になった方々や、大学時代の友人にも会い、第二の故郷を満喫した二日間。

たわいもない思い出話をするだけで、何だかとても充実した時間を過ごした気分になれるのは、心を許し合った人達だからこそ。

仕事や日々の生活への活力が沸いた、思いでめぐりの旅となりました。

癒しの旅、癒しの時、また会う日まで。

|

« さよならハンガー | トップページ | 耳栓 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« さよならハンガー | トップページ | 耳栓 »