« カッコーコケコッコー | トップページ | 夙川の春 »

2011年2月26日 (土)

いざ!セントレア

Imagescao4bwlk 先日、両親と中部国際空港(セントレア)に行った。

開港してはや5年。開港当初から父と母が一度行ってみたいと、ひな鳥のように口を開けて待ち続け、ようやく念願のセントレアに行くことに。

飛行機なんてもう30年以上乗っていない父と母。母に至っては、飛行機酔いが激しいため、もう生涯搭乗することはないだろう。

そんな二人が空港に行ってみたかったワケ…

父は古い人間の割に、とにかく目新しい建築物オタク。そしてカメラオタク。洗練された建築物を見ては「すばらしいなー。」と口を開いて、その建物を写真に収める。そう、今回も新しい空港の写真を撮りたかっただけ。

母は、空港のレストランの広告でエビやカニを見て以来、一度それを食べてみたいと来る年も来る年も、口を開いて待っていた。

ただの目新しいもの好きと、ただの食いしん坊。

二人ともどこかへ飛んで行くワケでもないのに、目的だけは一丁前。そしてその目的もなんだかズレてる。別にわざわざ空港に行かなくても…と、陰ながら思いつつ付いて行った。

空港に行く日の朝、下呂の実家では前日からの降雪でどっさり雪が積もった。父と母は朝5時に起きて、まずは雪かき。何せとんでもない片田舎なので、まずこの雪を除けてからじゃないと出発できない。

私は余裕しゃくしゃくで雪かきは手伝わず、目の前に出てきた朝食をありがたく頂き、一仕事終えた両親といざ出発!

電車の遅れなどもあり、片道3時間半。空港に近付くと、車窓から開けた海や空が見渡せる。何せ山生まれ山育ちの両親は、海と大きな青い空に釘付け。その向かいで眠る私。

空港に降り立つと、右も左も分からない田舎者。どうやら右に行けばいいらしい…と、大きなキャリーバッグを持った人たちに着いて行き、ようやく到着。

改札をでると、白い壁、高い天井、天窓からは日差しがたっぷり注がれ、先進的な空間に舞い上がる二人。

生まれて初めての動く歩道に大喜び。大した荷物も持ってないのに、「こりゃぁ、楽でいい。」と、空港に介護されてる。でも、歩いた方が早いよ。

そして、まず一目散に向かったのは滑走路を見渡せるスカイデッキ。Dsc03580 Dsc03586_r 広がる青空。

Dsc03589_r 撮る父。

3人とも大興奮でバラバラに走り出す。父と私はカメラを構え、レンズを覗きこむ。母は100円のコイン式双眼鏡を覗きこむ。母は「なんや、よう分からん。」とか言って、100円分使い切らず、結局肉眼で景色を眺めた。

スカイデッキに広がる青い空、広大な海。間近で見える、迫力の飛行機。

しかしあいにくの強風で、カメラを構えるのもやっと。スカイデッキの先端に近づくころには、立っているのもやっとくらいの強風で、自動的に涙と鼻水とよだれ、水という水が出た。カツラをお召しになっている人は決して出られない。

そして、母は滑走路を走る飛行機を見て「ちょっと、おたみ、見てみ!飛行機が飛んでいくに。」と、わざわざ常識を教えてくれた。スカイデッキを右往左往して離陸する飛行機を何度も追いかける母。

父も、この強風の中、デッキの柵から身を乗り出してベストショットを狙う。もはや私と母の存在など見えていないご様子。そんなに乗り物好きだったかなー、この人。

いきなり強風で疲れ切った3人。髪もボーボーに乱れて、屋内に戻って来た。

そして、お次は母のお目当て”海老”。いったいどんな広告を見ていたのかも分からないので、とりあえずエビ料理が食べられる店を探す。

「あれでもない、これでもない。」と散々店を周り、やっぱり無難でおいしい中華に。P1090282 父と母の大好物、五目あんかけそば。

おそらく母が広告で見ていた海老とは、伊勢海老や車えびがおっしゃれーなお皿に、豪華に盛り付けられているものだろうけど、芝海老くらいで満足の様子。中華はやっぱり安くて華やかに見えるから、こんな田舎者を贅沢な気分にだますにはちょうどいい。

料理長が大きなエビを入れてくれたところで、大満足の母。

食事が終わると、父はまた、あの恐怖のスカイデッキに挑みに行った。雪かき→長旅→強風→休憩→強風。すごい体力だ。まるで、戦場カメラマン。

私と母も土産コーナーを徘徊し、そんなこんな遊んでいるうちに、父からの電話に出られず、また父に電話をかけなおしても圏外。迷子になった父。

しかし、なんとか電話がつながり、迷子のお子様の呼び出しもかからず、合流。叱る母。言い分を主張する父。譲らない両者。わざわざ空港にまで来てケンカしなくてもいいと思いますよ。スカイデッキで見たあの大きな空と海のように、広い心で労わりなさい。

そんな猿と熊の一悶着もありましたが、普段の生活には馴染みのない空間に二匹とも大喜び。余すことなく堪能した。

電車もバスもない片田舎で暮らす父と母。私たち子供も巣を離れ、若い力を借りることもできない日々の生活。

つかの間の夢飛行。

何も力になれないけれど、時にはこうして一緒に都会に出て、刺激を受けることもまた、日々の生活の糧。田舎に帰ればまた雪かき。

「次は浅草!!」

と、朝から雪かきをしたことも忘れ、元気に山へ帰って行った。

めでたしめでたし。

|

« カッコーコケコッコー | トップページ | 夙川の春 »

コメント

セントレーア・メンソーレ!
セントレアなら まるは食堂だんべ!
ジャンボ海老ふりゃーだべ!

ご両親面白す☆

投稿: Eろこ | 2011年3月27日 (日) 22時23分

to Eろこ 様

メンソレータム!!AD。

ジャンボ海老ふりゃーはまるは食堂でっか。次回はそこに行ってみます。

おそらく母はそれが食べたかったと思うのですが、何せ記憶が定かじゃなかったので、「あーでもない、こーでもない」と言いながら中華にありつきました。

東海圏のローカル情報、お待ちしてます!!

投稿: おたみ | 2011年3月30日 (水) 09時31分

ちょっと子育ての束の間にブログのぞいてみたら・・・ま~面白い面白い、また笑わせてもらったわ(^▽^)
家族のやり取りが手に取るようにわかるわぁ!
私もベビがちょっと大きくなったらセントレア行ってみようかな~。
なんか「モッフル」っていうもちもちしたワッフルのお店があるのかな?友達はそれを食べるためだけにセントレアへ行くと聞いたよ!
なんか飛行機が飛んでいく所みると気持ちが大きくなって人生はばたきたくなるのは私だけかな?
そんな気持ちにさせてくれる空港は魅力的☆あっ!もしかして私に田舎者の魂が宿っているからかも(笑)
また子育ての合間にのぞいて爆笑してリフレッシュさせてもらうね~❤

投稿: 金山娘 | 2011年4月15日 (金) 21時18分

to 金山娘 様

あろはー!昨日は耳より情報ありがちょん♪
やっぱり我らが中日新聞だね。

こんなおばかなブログだけど、子育ての合間でも耳かきの合間でも見て頂けて嬉しいよ!下衆なネタばかりだけど、どうぞコトヨロ(遅)。

あたしも飛行機見るとつい心踊るよ。なんだろうね。身近な乗り物なのに、新幹線とは全然違うよね。空を飛ぶってやっぱ夢があるよね^^
そしてセントレアにモッフル?そりゃあたしも食べ損ねてるね。次回はぜひフライトよりモッフル狙いで行ってみるよ!

また、初美と同じ誕生日のベビちゃんの成長報告楽しみにしてまぁす☆

投稿: おたみ | 2011年4月19日 (火) 16時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カッコーコケコッコー | トップページ | 夙川の春 »