« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月23日 (木)

京の秋2010 in 下鴨神社

すっかり冬至を迎え、冬に至ってしまいました日本各地。

シリーズ京の秋2010をすっかりお伝え出来ず、今日に至っております。。。

思えば遠くに来たもんだ。思えば2週間ほど前、朝6時起きで世界遺産下鴨神社、糺の森へ。ここは以前、新緑のあまりの美しさに一度紅葉を楽しみに来たかったひとつ。

何せ森なもんで、木の種類も様々。見ごろが過ぎたくらいに行きましたがまだまだ青々とした紅葉やイチョウもあれば、もう跡形もなく散ってしまった落ち葉のじゅうたんも広がり、長くゆっくりと秋を楽しめる森でした。

それでは、またも頼りない腕っぷしで撮影した京都の秋をご覧ください。

20101223_6 20101223_2 20101223_3 20101223_1 20101223_4 朝の糺の森は一たび足を踏み入れると、澄んだ空気、静けさの中で冬仕度に追われる小鳥のさえずり、小川のせせらぎが響き渡る。落ち葉を踏みしめる足音と自然の音色を聞きながら、忙しい日々から解放され、ホッと一息つく癒しの森でした。

それでは、お待たせしました。洛西口氏のシリーズ『苔』。20101223_5 これまでの作品からするとかなり綺麗なワンショットですが、もっとアップで生い茂った苔の生き様を撮りたかった洛西口氏としてはあまり納得のいく作品ではなかったご様子。

ちなみにね、構図やら機能やらカメラを苦戦しながら使っていた洛西口氏。一本の大木を撮影するのにえっらい時間かかってんなーと待っていましたら、

「どーもおかしいと思ったら動画撮ってたわー。」

と、撮影以前のところで大苦戦。その映像は、それはそれは古い大木が、ジーっとビクともせず風格のある佇まいを見せておりました。あっ、アホか。

以上!京都の風情ある秋と苔をお届けしました!

本年もしょーもないネタにお付き合い頂きましてありがとうございました。今年は、新婚旅行やら、おたみ食堂の開店やら、引っ越しやら、やらやら何やら話題の多く賑やかな一年になりました。

こうして気まぐれにおたみ日和を綴ることができましたのも、皆さまからの「文章が長い!たまにしか更新してないじゃん!」なんて温かい励ましのお言葉のおかげ様。

来る年も、気まぐれに更新して参りたいと思いますのでどうぞ、鼻の穴でもほじりながらご愛顧下さい。

それでは皆さま、残り少ない行く年ですが、どうか飲み過ぎ食べ過ぎに気を付けて、キャベジン飲んで素敵なお正月をお迎え下さい!

良いお年を☆

| | コメント (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »