« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月26日 (日)

引っ越し

1 引っ越しました。

近所に。

一階から一階に。

『更新料』という、京都のお箱事情にやられて4年間住んだマンションとも決別の決意。

最寄駅と家賃は変わらず、駅まで徒歩15分が5分に。これで寝坊しても大丈夫!

と、いうわけで少々早い年末の大掃除がてらここ数週間、荷造りに追われて日に日にダンボールの山に囲まれながら衣食住に励んでおりました。

週末になる度に、押し入れの中を洗いざらいひっくり返して、とにかく4年間見なかったものはすべて捨ててやったぜ!!そう、4年間見なかったということは向こう10年は見ないでしょう。それを無駄といいます。

しかし、こういう時に性格の差が出ますな。

ラストスパートのように一気に労力をかけたくない私は、とにかく潔く物を捨てまくり、日々着々と黙々とダンボールを積む。

迎え撃つ洛西口氏。いちいち思い出に浸ってしまって作業が進まない。

  • サマソニのリストバンドを畳の上に年別にきれいに並べたところで、それは10年後に見返すことは無いでしょう。
  • 大昔のチェキみたいなデジカメが出てきて爆笑してる場合じゃありません。単三電池4本も使う、そんな燃費の悪いデジカメを、何故前回の引っ越しで捨ててこなかったのですか?
  • ボーリングの玉、あなたここ4年でボーリングなんて何回行きましたか?しかもそのボール、一度も使ってないでしょ。間違ってもダンボールに詰めないで下さいね。底が抜けますよ。
  • 通帳やら印鑑等、貴重品を段ボールに入れてガムテープで閉じる。貴重品はさすがに身に着けておいて下さい。しかもそのダンボールに危うく『貴重品(通帳・印鑑)』とマジックで書きそうになったところを、寸止めで警告。『雑貨』と書いたため、どこかの荷物に紛れてしまい、行方不明。

とまぁ、31歳にもなったのに、貴重品の管理一つ出来ない洛西口氏とてんやわんやの引っ越しです。

引っ越し当日。ここ数週間、毎日晴れていたのに、後にも先にも唯一の雨。朝から京都界隈の府県に竜巻警報が出される。

あぁ、これはきっと日ごろの行いが悪いからだ。通帳がダンボールに入ってるからだ。そうだ、そうに違いない。

引っ越しは業者には頼らず自分たちでエッサホイサと運びました。洛西口氏家族の引っ越し事情に詳しい、必殺引っ越し人、従兄のU治さんにもお手伝い頂いて徒歩10分ほど離れた新居へ。

大きなトラック一台で一気に運び出したいところでしたがね、さすがに竜巻警報が発令される大雨じゃ、そうはいきませんもので、U治さんの軽自動車エブリーを借りて何往復もして次々と荷物を運びいれた。

しかし、おかげさまで旧居も新居も一階。荷物の出し入れがスムーズ。

あたし、一階好き。だって忘れ物してもすぐに取りに帰れるでしょ。引っ越しも楽だし、かれこれ一階生活3軒目。いつも空き巣に合ったような部屋に暮らしていますが、今のところ空き巣被害はございません。

そして今回の引っ越しは、家電の取り外しや組み立て式家具の解体、新居での組み立てなど何もかもU治さんの世話になりきった。さすが必殺引っ越し人。目にも止まらぬ速さで作業が進む。さっき取り外したハズの家具が、数分後に新居に行くともう組み立てられている。分身の術に違いない。

挙句の果てに必殺引っ越し人の本職を発揮してもらい、壁に開けた穴を修理してもらった。荷物運びから穴隠しまで、何から何までU治さんの腕に頼る私たち。

見る見る間に作業が進み残されたのは、やはり洛西口氏の部屋。ボーリングの玉やら雑誌やら…散在する荷物。あれほど何度も引っ越しの準備が終わったのかと確認しても、返ってくる言葉は「だいたい。」

本当に「だいたい」だったな。最後の最後まで。

最後は押し入れの中から、クラッカーが出てきた。あんた、どこまでハッピーなんだよ。それ、片付いた部屋で最後にパーンッ!て鳴らすつもり?

一日三人がかりでようやく運び入れた荷物。日も暮れて夜7時になりやっと終わり…

と、思いきや洛西口氏が新しく購入したやたら無駄にでかい本棚。自分のキャパと技術には負えない組み立て式本棚をU治さんに組み立ててもらう始末。

おんぶにだっこ、かたぐるまの私達。

0123アリさんマークの勉強しまっせサカイU治さんのおかげで何とか引っ越し終了。

こうして新居に引っ越して参りましたが、引っ越し後も住所変更等の緒手続きやら、家具の買い出しやらでなかなか片付けが進まない。

カーテンは注文が間に合わず、旧居で使っていた丈は長すぎ、横幅が足りないカーテンをずるずるちんちくりんで臨時装着。寝室に電気が無い。ガスコンロの注文も間に合わず。ガスの開栓もタイミングを間違えて、銭湯代わりに風呂だけ旧居に戻る。

ご飯休憩やコンビニに行くたびに、収納術について書かれた雑誌を読み漁っているが、読んでいるだけで部屋が片付いた気分になっている。あれほど物を捨ててきたのに、収納本が増えるわ、荷物の山で寝床はないわ。毎晩立ち寝の危機にさらされ、家の中を転々として寝ている。

さーてさてさて、いったいいつになったらまともな新生活が始まるかしら…いったいいつになったら洛西口氏の通帳が出てくるかしら。

秋の新生活スタート!!

お近くにお越しの際は、ぜひおこしやす。

もれなく、お片付け体験がお楽しみ頂けます。

| | コメント (2)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »