« 2009年3月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月26日 (火)

5月23日、快晴。

Pig 2009年5月23日、京都快晴。気分爽快。

洛西口氏・おたみ人前結婚式・両家結婚披露宴。

今更。

京都祇園貴賓館カーラ・ラガッツァ、貴賓溢れる格式高いイタリアンレストランにて、幻想的かつ厳かな雰囲気の中、しめやかに執り行われた。

一世一代の晴れ舞台。

新郎、洛西口。新婦、おたみ。司会進行、新郎新婦。

見逃した方にもう一度。

司会進行、新郎新婦

そう。誰もが予想だにしない、異例の高砂司会。私だって、幼いころから、いつかお嫁さんになって素敵なドレス着て、貴公子片手に素敵な貴賓溢れる結婚式を夢見て来たけど、まさか一生に一度の晴れ舞台で、自分で司会することになるなんで思ってもみなかったさ。まぢで。

しかし、すべては世のため人のため。

テーマは『結婚式をぶち壊せ!!』

式の準備が始まって3か月間。お客様のホテルの手配からお見送りの手土産のリボンかけまで、友人や家族の支え有って、短期集中型の力を発揮してきた。おかげで、27歳目前にしてリボン結びができるようになった。

こだわりのウエディングアイテムはブタ。そう、私の大好きなブタ。当日は席札立てやお見送りのドラジェなど、ウエディングアイテムから流行病まですべてブタづくしの会場となった。自分でも驚くほどのブタに良縁があるようだ。

そして迎えた挙式当日。入籍して1年4か月。些細なケンカもあったけど、ようやく迎えたこの瞬間。

開式 『結婚行進曲』 メンデルスゾーン

新郎新婦、盛大な拍手の中、手を取り合いこれからの人生への希望と期待を一歩一歩、噛みしめながらのご登場。新婦、階段を踏み外し、好調なスタートを切る。親友のMarchちゃまが泣いているのを見て、感極まる。

人前式 司会進行 洛西口氏妹夫妻。原稿があるのに何故か関西弁でコトが進む。

立会人代表署名、新郎祖母、達筆。新婦父、ひじきこぼれる筆振舞い。結婚成立宣言、新郎祖母。感極まる。(2回目)

こうしてようやく1年4か月越しに夫婦として誓い合った。病めるときも。健やかなるときも。

披露宴開宴。司会進行、高砂。これより、グダグダ劇の始まり。

親族代表挨拶、乾杯が終わるとお食事のスタート。いきなりナフキンを頭に乗せて王様気取りの先輩、一人高砂席に来て『本日、担当キャメラマンを務めさせて頂きます、キャンベルと申します。』と、コンパクトデジカメでプロ気取りの友人。そこらの忘年会ばりに入り乱れる親族と友人。

3か月前、『固くならず、アットホームな雰囲気で進めたいので、司会は自分たちでやります!!』と、プランナーさんに声高らかに宣言したものの、アットホームというか、ただの飲み会と化した結婚披露宴。途中、色んな企画を用意したが、あまり聞いてもらえなかったり、笑うところじゃないのに笑われたり…想像以上に、砕けた雰囲気に我々も大満足!

皆様が一番真剣に耳を傾けたのは、気象予報士をしている私の姉の天気予報。『傘の心配はいりません!』と、天気予報では普通のコメントしてるだけなのに、場の雰囲気とのギャップに一同大爆笑。余興としては異例のお天気コーナー。

自分で言うのもなんですが、こんなグダグダ結婚式、見たの初めて。最後はどんなふうに終わるのか、泣くのか、笑うのか…新郎新婦含め、誰もが予想しなかった結末。

両親へのメッセージを伝えるため、前に立つと、新郎、まさかのサプライズ。こんな私目にお手紙を書いてきてくらはいました。普段、何の気も利かない洛西口氏がまさか、そんなサプライズを用意してくれるなんて…あたくしめ、びっくりして泣いてしまいましてん。おかげで、手紙の内容は全く聞いてまへんでした。だって、しゃっくりが出そうだったんだもん。

そして、両親へのメッセージは泣きながらも何とか言い遂げました。さっきまで、真っ赤な顔して飲んでた人も、ほろほろ泣いてたみたいで、ちゃんと思いが伝わったってことかえ?

グダグタ披露宴もいよいよ御開き。お客様一人一人にちゃちゃ入れながら、こだわりのブタクッキーでお見送り。

いやぁ、自分で司会なんてどうなることかと思いましたが、予想以上に結婚式のイメージがぶっ壊れてよかったっす!

二次会は新郎や私の先輩ののライブで盛り上がり、たっくさんのブタインフルエンザ知らずに祝福されて、ただただ、楽しい限りでございました。幹事さん、サポートしてくれたお友達の皆!!ほんと感謝感謝!です。このご恩は必ず…

やりたい放題の結婚式。一生に一度だからこそ、『誰もが喜んでくれる、誰もが楽しめる。』そんな式にしたかった。皆に支えられてること、皆に愛されてること、たくさんの思いが詰まった、一日になりました。

大好きな家族、大切な友達・先輩

今日、ここに幸せでいられることを感謝します。

2009年5月吉日 おたみ

| | コメント (1)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年6月 »