« 2008年5月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月31日 (日)

皆様、大変久しゅうございます。

何してたかって?言うよねぇ~。何かとバタついておりました。このご時世。

実家下呂温泉に帰って、高校時代同じクラスだった二人の結婚式の二次会に行き、ビンゴ一等を当て、Wiiを当てたと思いこんで軽い箱なのに重そうに演技してWiiであろう箱を受け取り、大興奮で包みを開けたら、備長炭安眠低反発枕(ちなみに3等はDS)を見事勝ち取ってみたり。

はたまた、大学時代の友人キャンベルが東京ディズニーランドで結婚式を挙げ、見事ご招待いただいたので出席し、披露宴で

「ここで、本日夫婦になられましたお二人からサプライズが…明後日6月1日誕生日の…」

と言われ、ちょうどその日はあたくしの誕生日だったので、一緒に出席していたビッグとちょきんぎょちゃまと顔を見合わせ、大興奮していると…

「新婦、キャンベルさんのお父さん!!」

と言われ、ドリフ並みの落ち。つい先ほどまでの大興奮が一瞬で立ち去り、『インタビューされたら何て言おう…≧v≦ノ"』なんて一瞬たりとも浮かれてしまった自分が恥ずかしくなり、惜しくもお父さんの厚き壁の前に崩れ、GUCCIの誕生日プレゼントを逃したり…

などなど、何かとバタついて浮かれまくった割に惜しい結婚式に出席していたワケです。

そうなんですよね。今や我が家は結婚ブーム。25歳を過ぎ、女性の第一次結婚適齢期を迎えた私と、男性の30歳目前の駆け込み結婚ラッシュの新郎の洛西口氏。式も挙げてない私たち夫婦は、空前のお祝い貧乏。

そんな空前の結婚ブームの中、先週は、こちらも昨年結婚し、今年5月の母の日に母になった大学時代の先輩の福井在住バケツ娘にお会いしました。

バケツ娘の旦那さまの松ぼっくり師は大阪で出稼ぎをしており、現在は週末婚を送っているらしく、福井で子育てに励むバケツ娘は旦那様のお盆休みに合わせて大阪にプチステイしに来ていたワケで、それなら久々に会おうじゃねぇか!という話になったワケです。

2年ぶりの再会。昔から私の2歳年上とは思えないほど幼少で、未だに電車に乗るときは松ぼっくり師から『290円やで。』とメールが来るほどどんくさい。そんな彼女がついに母に…どんなに女性らしく美しく、母親らしく逞しくなっていることでしょう。。。と見違えて会っても誰か分らなかったらどうしよう…と不安と期待を抱きつつ待ち合わせ場所へ。

『おたみ発見!!』と勢いよく目の前に現れたバケツ娘。何も変わったこっちゃねぇ。いつも通り、水玉のTシャツ来て短パン履いて何の変哲もないキラキラで幼い笑顔でポニョをBGMにご登場。

テンション上がりますよね。久々の再開にキラキラ笑顔。この日は二人ともまだ昼食をとっていなかったので、久々に大学時代のサークルの部会後の恒例イベントを思い出し、ランチ部をすることに。

おたみ「どこか行きたいお店ありますか?」

バケツ「ちゃんこダイニング”若”」

ということで、社会人、そして人妻になった私たちは学生時代の500円大盛ランチから少し奮発して、2800円鍋ランチすることに。まぁ、こんな久々の再会でもしないと、こんなセレデブランチすることないですし、ゆっくり昼間っから鍋でもつつくとしますか。

予約をしないとなかなか入れないという”ちゃんこダイニング若”。この日は入店した時間帯が良かったのか、フカフカの座イスで少々待っていたら、薄暗い個室に通された。でも私、お店で食べる鍋はどうもイマイチで、やっぱり家で鍋するほうがおいしいと思うことが多々。お兄ちゃんの鍋はどうなのかしら。と思っていると、

「お鍋が温まりましたら、ここでお作りしますので。」と、目の前で、作って装ってくれるありさま。残り汁を使った閉めのラーメンも、しっかり目の前で調理し、取り分けてくれた。そして味も文句無。鶏つくねのおいしいこと。

2800円という学生時代では考えられない額と、目の前で作って取り分けてくれるというおもてなしに、浮かれる二人。何せ調子コキまくりで、

おたみ「おいしゅうございますわねぇ、松ぼっくりの奥様happy01

バケツ「ですわねぇ。洛西口の奥様lovelyホホホ

とじゃれ合う。もぅ、テンション上がって調子こいてる自分がおかしくって。自分たちの姿を隠しカメラで見てみたい。話は多岐に渡り、学生時代の思い出話、子育て奮闘記、ゆくゆく迎えるであろう老人介護について。鍋つつきながら語り合ったワケっす。お店を出る頃には、

おたみ「久々にたくさんお話できて楽しかったですわ。松ぼっくりの奥様happy01

バケツ「ねぇ。老人介護の話までしちゃって。洛西口の奥様lovelyホホホ

二人の調子こきっぷりに店員は何度「お客様、お帰り願います!」と怒りを顕にしようと思ったことだろうか。

久々の語らいとちゃんこでお腹も心も横綱になった私たち。変わらぬバケツ娘の人柄に癒されまくりの昼下がりとなった。このあとバケツ娘はBEAMSでオレンジ色キャンディ柄のビニール傘を買ってご機嫌で帰って行った。改札前を何度も振り返って手を振りながら遠ざかっていく笑顔が何よりもキラキラ輝いていた。また会える日まで…たくさん元気をもらった一日でした。

翌日、2800円でウキウキに調子こいたツケが回ってきたのか、風邪を引いてしまった。熱も出て喉はガラガラ、鼻はピーピー。やらかした。たくさんの元気もらったハズなのに…何も言えねぇ。

暑かった夏も急に終わり、すっかり涼しくなってしまって体調管理が難しい近頃ですので、皆様も2800円のランチにはくれぐれもご注意下さいませ!!

残暑見舞い申し上げませんmaple

| | コメント (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年9月 »