« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月16日 (月)

Let's Cooking♪

あたくしったら、最近とっても乙女チックなの。うふ♪

どこをどう見たら…と理解に苦しむ方も少なくはないだろう。

実はあたくし、5月よりお料理教室なんてかよってるんざますよ。うふふ♪

この衝撃告白を受けて、地球の裏側へ行ってしまった人も少なくはないだろう。では、これより先は地球の裏側へ行かず、無事、パソコンにしがみついて残った人だけにこの経緯をお話しよう。

なぜ故におたみが料理教室なんてガラにもない…と思われても致しかたない。何をしても長続きしないし、あれこれ興味を持っては飽きやすい。主婦業はいっさい苦手なあたくしが、何故こんな花嫁修業さながらなことをやらかしてしまったかって…そりゃぁ、いつもの思いつき。気づいたら春がここまできてたし、新しいことをしたくなってしまったのさっ。

ある日たまたま会社の同僚が通っている料理教室の体験イベントが舞い込んできた。「この料理教室、かなり勧誘がひどいよ。」と前もって教えて連れてってくれた同僚。私は「勧誘なんかにだまされるもんか!!」と心に決めて行ってみると、目の前に現れたのは鼻毛が飛び出したハイテンションな先生。この先生、天然だし、鼻毛出てるし、とてつもない妄想癖。どう見ても悪そうには見えない。というより、鼻毛出てる人に悪い人はいねぇ。あれよあれよという間にすっかり鼻毛の虜になり入会決定。まんまと勧誘にひっかかってしまった。。。

とは言うものの、高校以来習い事なんてしたことないし、料理教室なら先生のホロウで確実においしいご飯が食べられる!ということで、新しいことを初めてみたい春ですから始めたワケです。えぇ。そりゃそりゃ。

知っている方も少なくはないだろう。私が一人暮らしを始めた5年前。米の炊き方も洗濯の仕方も知らず親離れ。不安は的中。米に水を入れずに炊いたこと?何度だっていあるさっ。熱さに耐え切れずお皿を投げたこと?あるある。味付けがつい濃くなってしまうこと?ンフフっそんなのいつもの事さ。盆や正月に実家に帰っても、料理長の母はよく分かっている。煮方や焼方を任されるのは姉、板場を任される脇方は兄の嫁。そして私は大根おろしや皿洗い、箸並べなどの追廻。父は気遣って私の大根おろしの早刷りを褒めてくれる。あたしゃ親方のもとを離れてどこかに修行に出るべきじゃなかろうか。

ま、そこまで自分を追い込んでも追廻は卒業できないだろうが、いよいよ始まった料理教室。毎回違う先生に習っているが、まず始めに仕事は生徒全員に均等に与えられ、ジャガイモやレンコンなどを切る。包丁さばきが悪い私はそこからたいてい、出汁をザルに濾すだけ、電気コンロを強火にピ!と押したり、ご飯を盛ったり。。。えぇ、そうでございます。どこに行きましてもまだまだ追廻、修行中の身でございます。

料理教室にご飯食べに行ってるだけの私…

25歳、女性。結婚適齢期真っ最中。花嫁修業は追廻真っ最中。

目指すは料理長、周富徳☆ハオマー!!!

| | コメント (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »